任意整理とは?そのメリットとデメリット

債務整理とは、国が認めた借金返済を軽く出来る法的な手続きの1つです。

任意整理は裁判所を通さず司法書士や弁護士と貸金業者の間で行う簡単な方法なので、知人や会社関係など周りにバレル可能性が低くなります。

債務者の代理人として弁護士や司法書士が代わりに金融業者と借金減額の話し合いをします。もちろん全て話し合いがうまく行くのではなく、場合によっては決裂もあります。

話し合いがうまく行くと、以下のようなメリットがあります。

任意整理をするメリット

  • 毎月の返済額が減る
  • 金融会社からの催促がストップする
  • 裁判所を通さないので周りに分かりにくい
  • 精神的なダメージがなくなる

任意整理のデメリット

  • 弁護士などに支払いが発生する
  • 5~7年間は新規でクレジットカードが作れない
  • あくまで交渉なので交渉決裂になる事もある
  • 返済しているのに借金が減らない
  • 毎月、利息分しか払えていない
  • いつになったら完済になるのか不安

ただ、ずっと借金で精神的に参ってくるので、以下の場合は早めに任意整理をすることをおすすめいたします。